ネット@副収入  > 更新記事  > 1-3 サビアン(saivian)が成り立つ理由

1-3 サビアン(saivian)が成り立つ理由

2017年06月03日(土)

サビアンの資金の源泉は大きくふたつに分ける事が出来ます。

・毎月入る会費の料金(125ドル×会員数)

・ビッグデータの販売による売上



■会費による売り上げ

5月2日時点で、約200万人の会員がいます。

125ドル×200万人=250,000,000ドル(2億5千万ドル)が一ヶ月の売上です。

日本円にして、約280億円の売上を毎月得ている事になります。

月収1000万を得ている会員が既にたくさん生まれていますが、それでも会社としては大きく売上を伸ばしています。



■ビッグデータの販売による売上

サビアンはビッグデータ(BIG DATA)を活用し、利益を得ています。

ビッグデータ(BIG DATA)とは

「多くのユーザーから得られる傾向などの情報」を指します。 無料サービスを提供している企業は、サービスを通じて、 年齢・性別・地域・職業などで分類した、「傾向」という情報を 集めています。

この傾向を、情報を求める企業に販売して、 莫大な収益を上げています。

簡単に言うと、「誰がどこで何を買ったか?」と言う情報を販売して利益を上げていると言うことです。

また、現在は投資家による出資も多く集まっており、サビアン(saivian)の資金繰りを更に有利にしています。

コメント

コメントを投稿する


管理者にだけ表示を許可する
■アクセス解析タグ